mocomoco(もこもこ)┃楽しければ良いがコンセプトの情報Webマガジン

楽しければ良いがコンセプトの情報Webマガジン

聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第3回【1/4】

      2015/05/22

Pocket
LINEで送る

読むラジトップ

皆さん、こんにちは。音楽ライターのFuneです。
世間ではあっという間にゴールデンウィークも終わり、
新入生、新社会人の皆様はそろそろ新しい環境にも
慣れてきた頃でしょうか?

そんな生活の一部を彩る音楽に皆さんが出会えたら、

というコンセプトのこの企画、

はてさて…今回も素敵なお客様が遊びにきてくれました♪

「移動中からお休み前まで」
「いつでも貴方に音楽を届けたい」

そんなコンセプトの「読むラジ」

第3回のオンエアです★

スポンサーリンク

読むラジ第3回、はっじまっるよ~!

読むラジ

Fune:
はいどーも、皆さんこんにちは!
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第3回目のオンエアとなっておりま~す!
パーソナリティのFuneこと川舩敬典です。

???:
アシスタント、Yukiこと芯悟です(裏声)

Fune:
(大爆笑)
えー…っと(笑)Yukiさん、ちょっと見ない間に
随分たくましくなられて…爆

芯悟:
ハイ、えっとぉ、全国ツアーに行って来たので、
今日は男としてやってきましたwwww

Fune:
はいwwwwもういいですよ、本名喋ってもらってwww

芯悟:
(笑)
はーい!どーも、アシスタントの川舩芯悟で~す!

Fune:
この企画、僕達パーソナリティ側から一曲、そして参加して下さる
ゲストから一曲、それぞれ思い入れのある曲を紹介してもらって、
アシスタントと一緒にワイワイ皆で盛り上がっちゃおうという、
ラジオのノリを活字でやる誰でも真似が出来るような音楽対談型企画です。

今回は前回ゲストで出演してくれた芯悟くんがアシスタントに
駆けつけてくれました~☆
ありがとうございます。

どうでした芯悟くん?前回までゲストで出演して頂いたわけですが。

芯悟:
まさかの今回はアシスタントとして頑張らせてもらうわけですが(笑)
面白かったですね!マニアックさがまた。

Fune:
マニアックだったねぇ~www
前回Yukiさんもおっしゃってましたけど、濃かったですよね。
時間経つのが早い早いww

芯悟:
濃かった~!是非皆さん、感想とか
メール、コメントなり、ね。頂けたらと思います。

Fune:
いいですね~♪
じゃあちょっとメールフォーム作っておきますよ。
主にウチの編集長に馬車馬の如く働いてもらいますので 爆

芯悟:
(爆笑)
大丈夫なんですかFuneさん(笑)そんなこと言っちゃってwww

Fune:
僕が怒られればいいだけなんで大丈夫ですww
では早速ですね、今回のゲストの方を紹介したいと思います。
じゃあゲストの紹介は芯悟くん、お願いします!

芯悟
はい!お任せあれ!
今回のゲスト、西村菜美さんで~す!!

菜美:
宜しくお願いしま~す☆

西村なみさん

芯悟:
コホン…では簡単ではありますが、僕がプロフィールを
紹介させてもらいます。

 

西村菜美さん

長野県出身のフルート、オカリナ奏者。

武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科フルート専攻卒業

 

Fune:
芯悟さん?紙面じゃ分からないからって
だいぶ噛み噛みなんですけど大丈夫ですかwwww

一同:
(爆笑)

芯悟
こんな熟語見たことないですよww

漢字10個以上繋がってるじゃないですかwwww

これ、皆さんに資料見せたいわ~ 笑

Fune:
いやちょっと待て!
それは俺のせいじゃないだろwwww
まあいいや(笑)続きお願いします。

芯悟
ハイwwwww

オカリナは、音大卒業後に本格的な演奏活動を開始。

都内近郊を中心に自身のリーダーバンドや各セッションなどで精力的に

活動する傍ら、ピアニスト門田裕美とのデュオユニット「ゆみなみ」や

クラシックユニット「La turip」のメンバーとしても活動中。

現在までに3枚のソロアルバムの他、様々なアーティストの作品にも

ゲスト参加。

自身が主催するフルート、オカリナ教室で後進の育成にも尽力し、

今後のフルート、オカリナ業界を担っていくミュージシャンである。

読めたっ!!笑

菜美
(爆笑)

Fune:
え~、噛み噛みな説明、本当にありがとうございました 笑
あらためまして、フルート、オカリナ奏者の
西村菜美さんで~す☆(拍手)
今回はありがとうございます。お忙しい中、ご出演頂きまして。

菜美
いえいえ、こちらこそ。
お招き頂きましてありがとうございます。

Fune:
第1回目で芯悟くんは僕の中学の時の
同級生って話をしたと思うんですけれど、
菜美さんは、実は僕と高校が一緒でしてね。
画的に結構凄い事になってますよ、今回は 笑

菜美
ホントですね~♪
皆、地元が一緒で地元愛がありますもんね。

Fune:
しかもこの川舩二人に挟まれるっていうねwwww

菜美
私も川舩に改名するしかないですね!爆

芯悟&Fune:
(大爆笑)

芯悟
読むラジを期にwwwww

Fune:
テキトー過ぎるでしょうそれはwwwww
なんですか?この企画、テキトーな人しか出演出来ない
決まりとかあるんですか?爆

一同:
(爆笑)

Fune:
ハイ(笑)気を取り直して…。
菜美さんとは地元繋がりってのもあるんですけれど、
ライヴに何度もお邪魔してまして。
たまにスタッフとしてもお手伝いとかさせてもらったりもしてます。

菜美
本当にいつもありがとうございます☆
お世話になっております。

芯悟
素晴らしい!
僕も最近だと楽器フェアで菜美さんとちょっとお会いしまして。
その時はお互い忙しくてあんまりお話出来なかったんですけどww

菜美
そうそう!なので今日は芯悟くんともお話出来るのを
楽しみにしてきました。

Fune:
元々お知り合いなんですよね?お二人は。

菜美
そうなの~、昔々から。

芯悟
結構前に知り合ってはいたんですけど、
なかなかこういったちゃんとお話する機会はなくてね~。

菜美
だから今日は念願の!って感じなんです。

Fune:
その話は芯悟くんからチラッと聞いてましてですね、
この企画を始めた当初…いや、準備期間からですかね。
出来たらこの3人で何かやりたいなとずっと思ってたんですよ。
今回ようやくこういう形で、僕も念願も叶ったというねwww
お二人に来て頂いて、心から嬉しく思っています。

菜美芯悟
ありがとうございます☆

Fune:
今回はそんな地元が一緒の3人でお送りしていきたいと思います。それでは早速、曲紹介いってみましょ~う!

今回の曲は超有名アーティスト!

Fune:
今回は僕からの曲紹介ですね。

芯悟
またプログレですか?笑

Fune:
違いますwwwww
今回はQueenの「Teo Torriatte (Let Us Cling Together) 」(邦題:手をとりあって)という曲を紹介したいと思います。

 

ではQueenの紹介を芯悟くん、お願いします。

芯悟
は~い!Queenとは!

Queenはイギリス、ロンドン出身のロックバンド。

世界中で絶大な人気を誇り、本国イギリスではThe Beatles と双璧を成す、

イギリスを代表するロックバンドである。

唯一無二と表現されるフレディ・マーキュリーの力強いボーカルと

ブライアン・メイによる多彩なギターサウンド、重厚な三声コーラス、

時代時代の音楽の流行を巧みに取り入れつつも、クイーンらしさを

まるで失わないことが特徴。

1973年のデビューから1991年のフレディ・マーキュリーの死去まで

一貫してオリジナルメンバーで活動を続け、

現在もブライアン・メイ(Gt.)ロジャー・テイラー(Dr.)が「Queen+」名義で

活動を続けている。

です!

Fune:
芯悟くん、双璧って読めてませんでしたけど大丈夫ですか!?笑

菜美芯悟

(爆笑)

芯悟
しくしく…笑

Fune:
いや~、これは音声でお届けしたかったwwww
今回は日本でも大人気のクイーンです!
菜美さんはクイーンって聴かれます?

菜美
実は名前は知ってるくらいで、今回の曲知らないんですよ 笑
勿論、有名どころは耳にする機会も多いんで聴いたことはあります。なので今日はお話楽しみにしてます♪

Fune:
ドラマの主題歌で使われたりとかしてましたから、
知ってる人は多いでしょうね~。

芯悟
木村拓哉さん主演の「プライド」ですね!懐かしいな~!

Fune:
あれは「I Was Born To Love You」が使われてましたね。
今回、僕クイーンってどれくらい知名度あるのかなって思って
比較的若い子に取材に行ってきたんですよ。
10代後半から20代前半くらいの子、10人くらいに聞いて、
そのうち8人くらいは知ってましたね!嬉しいことに!笑

芯悟
へぇ~!10代くらいの子だと知らない人もいそうなのに
結構いましたね、知ってるって人。

Fune:
僕も意外でした。
勿論深く聴いてるってわけではないんですが、
やっぱり代表曲はそれなりに皆さんご存知でしたよ。

菜美:
キムタク効果かしら?笑

西村なみさん

芯悟&Fune:
(爆笑)

Fune:
あ、でも案外ありうるかもしれないですね。
多分、10代くらいの子達の親御さんがドラマとかから
クイーンに入って、家で流れてたから知ってる、なんて子も
いましたから。

まあ、CMとかでもガンガン使われてますからね。
クイーンって知らずに曲は知ってる、なんて人もいるのかもしれない。

菜美
それはありそうだね~。

Fune:
そんな中でですね、今回の「手をとりあって」という曲は
クイーンの他の代表曲に比べると、ちょっと知名度は劣るんですが、芯悟くんは知ってました?この曲。

芯悟
知ってます!聴いたことはあるんですけど、
申し訳ないことに現代科学のインターネットで初めて聴いたんですよ 笑

Fune:
じゃあアルバムとしては聴いたことはない感じかな?

芯悟
聴いたことないですね~。
youなんとかtubeってので聴いた感じです 爆

菜美&Fune:
(爆笑)

Fune:
芯悟ー、伏字になってないぞーwwww

芯悟
これね(笑)初めて聴いた時に驚いたんですけど、
途中、歌詞が日本語じゃないですか。

Fune:
そうなんです…(ニヤリ)

菜美
ね♪面白いね。

芯悟
僕、youtubeで聴いてたもんで、絶対誰かが
いじってるんだと思ってたもん、この曲 笑

Fune:
「日本語訳で歌ってみた」とか面白いことやってる人
いるもんね~!笑

芯悟
そうそう!

「まさかクイーンが日本語で歌うわけない!」

って思ってさ。どれを探しても全部日本語だったんで、

「あ、元々こういう曲なんだ」

って。

で、youtubeって、ものによっては歌詞が出るのもあって、

そこで初めて気がついたんですけど、

「Teo Torriatte」の「r」が2つなんですね。

 

菜美:
あっ、ホントだ!

Fune:
そうなんですよ。この曲の邦題が「手をとりあって」なのに対して、

原題も「Teo Torriatte」なんですね。
元々タイトルが日本語なんですよ。
英語で書かれてるだけで。

菜美芯悟
へぇ~!!

Fune:
日本人の感覚で言ったら

「なんでミススペルしとんねん!」

という感じですがwww

菜美&芯悟
(爆笑)

芯悟
ミススペルじゃないんですかwwww

Fune
違うんだな~、それが!笑
これはなんでもフレディのこだわりらしいですよ。
意図的に「r」の綴りをふたつにしたんだそうです。
理由は明かされてないんですけど、
フレディ直々にふたつにしたいって言ってくれたみたいですね。

芯悟
気になりますね、理由が。
この曲、震災の時にも応援歌的な意味合いで使われてたみたいですね。

Fune
震災復興のアルバムに入ってるみたいですね。
ちょっと現物の確認までは今回出来なかったんですけど。

▼続きはコチラ▼
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第3回【2/4】

この記事を書いたライター

Fune孤高の音楽ライター
元ミュージシャン、現カメラを趣味とする音楽ライター。
音楽の可能性を日々追求中。

 - おとのいろいろ, くりえいたー系

Sponsored link

Sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

工作室サムネ
【工作好き必見‼︎】パタパタ飛行機を作ってみた!!(後編)2/2

Pocket ■前編はコチラ■【工作好き必見‼︎】パタパタ飛行機を作ってみた!! …

工作室サムネ
【今日の工作室】ポテトの空き箱がザリガニに変身!?

Pocket こんばんは。maruco.です。 今日の工作室のカテゴリーでは、私 …

読むラジトップ
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第5回【4/4】

Pocket▼「読むラジ」【3/4】はこちら▼聴くのではない読むラジオ「読むラジ …

読むラジトップ
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第一回【2/3】

Pocket▼「読むラジ」1/3はコチラ▼聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第 …

読むラジトップ
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第2回【2/3】

Pocket▼「読むラジ」1/3はコチラ▼聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第 …

スタンプ画像
【えっ!?もう承認?】LINEクリエーターズスタンプ【審査報告④】

Pocket こんにちは。先週リクエストしたスタンプ40個全てがリジェクトされた …

読むラジトップ
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第5回【3/4】

Pocket▼「読むラジ」【2/4】はこちら▼聴くのではない読むラジオ「読むラジ …

聴くのではない読むラジオ【読むラジ】第10回 2/2

Pocket最初で最後のアルバム「Grace」 Fune: 冒頭で「実質アルバム …

カップル写真
今だからこそ若者に聴いてほしい、一昔前の邦楽10選【その2】

Pocket 皆さんこんにちは。音楽ライターのFuneです。 前回の「その1」で …

マーシャルアンプ
お気に入りのアーティストのルーツを探してみよう【その3】

Pocket 皆さん、こんにちは☆音楽ライターのFuneこと川舩敬典です。 前回 …