mocomoco(もこもこ)┃楽しければ良いがコンセプトの情報Webマガジン

楽しければ良いがコンセプトの情報Webマガジン

聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第一回【2/3】

   

Pocket
LINEで送る

▼「読むラジ」1/3はコチラ▼
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第一回【1/3】

スポンサーリンク

記念すべき第一回目の曲紹介!

Fune
それでは今回は僕の方から紹介する曲ですね。
じゃあこちらはYukiさん!紹介してもらっていいですかね?

Yuki
はい!King Crimson21st Century Schizoid Manです。

Fune
Yukiさん噛み噛みじゃないですかwww
「スキッツォイドマン」ね 笑

Yuki
すきっつおいどまん!

芯悟
難しい名前だよね~笑

Fune
(笑)まぁいいや、じゃあ紹介続けて下さいww

Yuki
ハイ(笑)

King Crimson(キングクリムゾン)はロバート・フリップ(Gt.)を
中心としたイギリス出身のプログレッシブロックバンド。
(プログレッシブロック=進歩的なロック、という意味)

1969年のデビュー以来、時代ごとにメンバー、音楽性を変えつつも
現在まで活動を続ける長寿バンドである。
中でも1stアルバム

In The Court Of The Crimson King
(邦題:クリムゾンキングの宮殿)

はプログレッシブロックという概念を 確立した
金字塔的作品とも呼ばれ、後世のロックミュージックに
多大な影響を与えた作品として世界的に高い評価を得ている。

 ですっ!

Fune
は~い、ありがとうございます。
いや、キングクリムゾン、僕、実は大好きでしてね。
世界で一番好きなバンドなんですよ。

芯悟
へぇ~!クリムゾンの何が好きなんですか?
クリムゾンについて30分くらい語って下さいよ 爆

Fune
僕ひとりで語っていいんですか?笑
視聴者置いてきぼりの、とんでもなくマニアックなコーナーに
なりますけどwww

二人
(爆笑)

Fune
いや(笑)そもそも「プログレ」っていうジャンルは、
「ジャズとかクラシックの演奏形態をロックに持ち込んでる」っていう
ジャンルで、クラシックで活躍している楽器が使われてたり、
リズムの拍子が4拍子じゃなかったりとかで、日本じゃちょっと
マイナーなジャンルなんですけど、クリムゾンは…うーん、
この分野じゃ一番有名なんじゃないですかね?
アメリカだったらPink Floydの方が有名かもしれませんけど。

Yuki
ああ~、確かに。そうですね。

Fune
このバンド、とにかくメンバーチェンジが激しくてね 笑
基本的に同じメンバーでレコーディングしたことが殆ど無いというww

芯悟
そう!そうなんだよね!だからわかんないんだよ、何から聴いていいか。

ゲスト画像
Yuki
へぇ~!それでこんなに長く続いてるのって凄いですね!

Fune
物凄いざっくり音楽性を分けると、いやこれホントにざっくりですよ?
予防線引いておかないと熱心なファンに怒られそうなんで(笑)
70年代の割とメロディが立ってて、ちょっと憂いのあるような雰囲気のある時代と
80年代の、リズムとか技術面で革新的な方向に走ってる時期と
90年代以降のそれぞれのパート…ギター、ベース、ドラムが
それぞれ二人づついるみたいな時期、それ以降…みたいな感じに
クリムゾンの音楽って分かれるんですよ。

(実際にはもっと細かく音楽性、演奏形態が分かれてます 笑)

で、僕ホントは80年代のクリムゾンが一番好きなんですけど、
物凄くマニアックなんですわ、この時期 笑

Yuki
ほうほうほう 笑

Fune
全部の時期でも一番人気ないかもしれないですねー(泣)
そんなわけで今回は見て下さってる皆様のためにもですね、
人気のある1stアルバム「クリムゾンキングの宮殿」っていうのが
本当に凄くいいアルバムなんで、良かったら聴いてもらえたらなーという
理由で、オープニングトラックのこの曲を選びました。

芯悟
うん、入門編ってわけだ。このスキッツォマンは。

Fune
芯悟、スキッツォマンちゃう、 スキッツォイドマンや。

芯悟
(笑)日本語訳にするとなんなんですか?

Fune
あのー…これいいんですかね?引っかかる可能性ありますけどww

芯悟
ああ!そっかそっか!じゃあ「○○者」とか入れときますか?

Fune
最近これAmazonとかでもタイトルが「21世紀のスキッツォイドマン」に
なってるからね。「精神異常者」じゃないんですよ今。

Yuki
ああっ!言っちゃったww

芯悟
へぇ~!これCMに使われてたんだよね?

Fune
そうだね、「ヴェロッサ」かな、TOYOTAの。
「Easy Money」が同じくTOYOTAの「IST」のCMに使われてた気がする。

芯悟
TOYOTAさん、やりましたねぇ~!

Fune
あとあれかな、2年くらい前に「脳男」って映画の主題歌でも使われてたんで
朝のニュース番組の映画紹介のコーナーとかでも結構流れてたんじゃないですかね。

芯悟
この曲が朝から流れる!素晴らしいね日本!よくなりましたね~笑

Fune
最近プログレ系の音楽って、 ほら!
アニメ版「ジョジョの奇妙な冒険」のエンディングで
Yesが起用されたりとかで、割と「プログレ熱」ってきたりしてるのかな~って。

Yuki
ああ、ありましたね。確かに最近耳にすること多いかも。

芯悟
不動ですよね、ヘヴィメタルとプログレはね。
多分好きな人が途絶えないんですよ。

Fune
固定のファンがとんでもなく多いからね、その2ジャンルは。
しかもメチャクチャCD買うでしょ?あのジャンルの人達って 笑

芯悟
うんうん、あと僕ね、この年齢になって思うのが
僕達が青春時代に聴いてた音楽を…今ちょうど僕らの同世代が
偉い地位になってくるでしょ?
使っちゃうんだよね、好きな音楽を 笑
テレビとか見ててもさ、スティーヴ・ヴァイとかイーグルスとかww

Fune
わかる!「えらいマニアックなの使ってんなコレ!」みたいなwww

Yuki
あるある!ですね 笑

芯悟
好き放題やってるよねー!みたいな 笑
そういう流れでしょうね、きっとこれも。

Fune
あと意外なとこで皆さんクリムゾンの音って耳にしてるとは思うんですよね。
厳密に言えばクリムゾンじゃないけど 笑

芯悟
はいはいは~い!これ、俺の唯一の豆知識いいですか、ここで?

Fune
はい(笑)どうぞ。

芯悟
これ、ギターのロバート・フリップって、多分ですけど…
Windows Vistaの「パンポピン」みたいなの…

Yuki
えっ!?

芯悟
起動音作ってますよね?

Yuki
ええーーーっ!!?

Fune
正解☆

Yuki
そうなんですか!?それは…凄すぎる…!

Fune
そうなんですよ。皆意外と知らず知らずのうちに聴く機会が
あったんじゃないかな~って。

芯悟
これはもう皆さん、これを機に聴いてもらうしかないですね。
全っ然違うけどね!(笑)「パンポピン♪」とこの
「21st Century Schizoid Man」って曲はwww

Yuki
確かに…パソコンの起動の時にこんなん流れてきたらびっくりしますね 笑

芯悟
「でーでれででっでー!」
「ファーーーン!!」
みたいな?

 一同
(爆笑)

Fune
イヤだなー!そんなパソコンwww いや、個人的には嬉しいけど。

芯悟
いや全然嬉しくないよ!笑

Fune
一般ピーポーだったらパソコンぶっ壊したくなるでしょうね 笑

ロック史に名を残す司令塔

Fune
Yukiさんは僕と世代が結構離れてますけどこの曲聴いたことあります?

Yuki
聴いたことはー…なんとなくっ!
あの、あれですよね、ジャケットがコレのやつですよね。
歯が剥き出しで、鼻の穴が凄い…。
(体を張ってジャケットの顔を真似するYukiさん)

(※編集部注※写真の掲載はYukiさんファンに配慮して掲載を取りやめました 笑)

二人
(爆笑)

芯悟
これ頑張って文面にして欲しいな~!笑

Fune
ジャケット写真を貼っておくんで、それで我慢して下さいww
体張って笑いを取りにいくアシスタントの鑑ですね 笑

芯悟
モザイクかけようこれはwww

Fune
話戻りますけど(笑)アルバムのジャケットが有名なんで
多分、見たことある人もいっぱいいると思うんですけど、
じゃあ聴いたことあるか?って言われるとそうでもないんですかね?

芯悟
聴く機会がないんじゃない?

Fune
う~ん、如何にCMとかで使われてるとはいっても、
ピンと来ない人にとっては「なんだコレ…」ってなりますからね。

芯悟
そうだねぇ、僕も自分が所属してるS.S.G.で…
S.S.G.ってのは昭和の名曲を海外の有名曲風にカヴァーしてる
バンドなんですけど、この間

「演歌の舟歌をこの曲風にしよう」

って言ってて。

Fune
えっ!?なに、クリムゾンでカヴァーすんの今度?笑

芯悟
これはもうカヴァーしてます!やっちゃいましたライヴで。これ好評でねぇ~!

Yuki
わぁ~☆凄そう!聴いてみたいです!

芯悟
面白いんですよコレが。この間は西城秀樹さんの

「傷だらけのローラ」

チック・コリアの「Spain」風にしたりね 笑
「傷だらけのローラ」がマイナーキーの曲なんで、
やけに暗い「Spain」になるんですよww

Fune
ちょっとこれ今度仕事抜きで誘って!笑
普通に見たい!

芯悟
来て下さい来て下さい、5月にライヴありますんで 笑
でね、その時にコピーする必要があったんでクリムゾンしっかり聴いたんですよ。
「どんな感じで弾いてるんだろう?」って。
Aメロとか、不協和音を和音として聴かせてる所がすげぇ難しいなと思って。

Fune
確かに。
この曲、ロックでは珍しくサックスとかが物凄く前に出てくる感じの曲で、
それとロバート・フリップの狂ったようなギターのせめぎ合いが
凄い曲なんですけど、そんなフレーズを芯悟が弾くの?

芯悟
弾きますよ~!この「で~でれでっでっで~」を「舟歌」で 笑
ちなみにちょうど名前出てきましたけど、これ作曲してるのは
ロバート・フリップなんですか?

Fune
え…っとね、諸説あるみたいなんだけど作曲は
キングクリムゾン名義に一応なってますね。
今でこそロバート・フリップってクリムゾンの中心人物ってイメージが
強いですけど、この時期はサックスとか吹いてるイアン・マクドナルドって
人が作曲面では主導権握ってたんじゃない?とは言われてますね。
まぁ、元々フリップ自身も我はかなり強いほうだったみたいなんで、
作曲にはかなり口出ししてると思うんですけどね。
1stアルバムでいきなりプロデューサー追い出すような人ですからww

Yuki
えーっ!?

芯悟
この人ねぇww 唯一、ロックで座って弾いてますよね。
いつも椅子に座って弾いてるイメージある。

Yuki
えっ?ずっとですか?

Fune
そうなんですよ。間違ってもヘドバンとかしないですからね 笑
最近なんて、ライヴで撮影とかするじゃないですか。DVDとかの。
あれで映像に映るのも若干拒否してるという…。
他のメンバーは皆、楽しそうに演奏してるのに、一人だけピンボケしたみたいな状態で映ってますからねww

芯悟
一時期クリムゾン辞めてから「もうギター弾かない」とか言ってましたよね。
その辺りからじゃない?

Fune
そうそうそう、一回引退して思うとこがあったのかもしれないですね。
無事、今回活動再開してくれましたけど 笑

プログレとの出会い

Yuki
でも45年続いてるバンドってことは、Funeさんより年上と言うか…
大先輩じゃないですか 笑

Fune
うん、間に何回か解散してるとは言え、69年にデビューしてるバンドですからね。

Yuki
そんな上の世代のバンドを好きになるって、私達の世代からしたら演歌好きになるぐらいのことだと思うんですけど 笑
なんでクリムゾン好きになったんですか?

Fune
いやこれねー、順番的にはおかしな話なんですけど、
僕元々ヘヴィメタルとか好きだったんですよ。凄く。
まあアイアンメイデンとかイングヴェイとかね。色々あるけど、
あのジャンル好きな人ってとりあえずメタルの中で色々聴くじゃないですか。
で、ある時、その中で「プログレメタル」って呼ばれるジャンルのバンドに
出会って…ドリームシアターっていう超絶技巧のアホみたいに演奏の上手いバンドなんですけどね 笑

Yuki
ああ~!例のww

Fune
うん、例のバンドですww
で、あれを聴いてから「プログレってなんだろう?」って思ったんです。
当時はジャンルとかも全然わかんなかったんで。

Yuki
私としてはプログレって言ったらドリームシアターっていうイメージで、
キングクリムゾンより先に出てきますね。

Fune
Σ(゚◇゚;)マジデッ!?

芯悟
(爆笑)

Yuki
そうですそうです!

Fune
世代の問題…いや、これ世代の問題じゃないなww
僕は最初に知った時、あれー…いつくらい…大学生くらいの時かな?
ちょっと友達に相談して「プログレって何?」みたいなww

「最近そういう名前のジャンルのバンドをよく聴くんだけど」とか
「何から聴いたらいいの?」って。

その中で友達がオススメしてくれた中にキングクリムゾンが入ってて。

Yuki
なるほど!友達からの紹介だったんですね~。

Fune
友達がたまたまそっち方面に強いヤツだったんで 笑
で、案の定「プログレとはジャズやクラシックの~云々」言われて(笑)
全く友人が言ってることを理解出来ないまま、とりあえずその日のうちに
TS○TAYA行って借りてきたら

「なんだコレ!?超カッコいいじゃん!!」

って衝撃受けたのは覚えてます。

Yuki
そういう方が回りにいると影響受けますよね。

芯悟
なかなかいないよね、そういうプログレ聴いてるような友達。
そういった意味では凄くラッキーだったんじゃん?

Fune
固まるからね~、メタルとかプログレが好きな人同士は。
そうだね、確かドリームシアターもその友人に教えてもらったんだっけな。
多分、入門編的な意味合いでだったと思うんですけど。

芯悟
確かにドリームシアターは聴きやすいほうかな。
彼らバークリー音楽院出身なんだっけ?あの名門の。
だからか、凄い理論的だよね、曲の作り方が。

Fune
緻密だよね~!リズムの作り方ひとつとっても。

芯悟
あのね!僕、是非ドリームシアターならNew Milleniumって曲があるんであれを聴いて欲しいんですけど。

Fune
でたwww(苦笑)

芯悟
あれね~、ちょっと真面目な話するけど、ホントに日本人って譜面を見るときに
リズムが変わるとテンポが変わって書いてあるのね。
あれって全部NGで、特にこの「New Millenium」って曲中で
リズムがどんどん変わっていくの。
三連譜っぽくなったり、シャッフルっぽくなったり。
そういったテンポを守った中での二拍三連の8ビートとかになっていくんだけど、
それをちゃんと聴くとリズムが一貫してるんだよね。
いっさい元のテンポは変わってないんだけど。そういうのが凄くわかる曲。あの曲楽しい、聴いてて 笑

Yuki
うわぁ…難しそう(≧д≦;)

Fune
専門用語でいうと「メトリックモジュレーション」っていうんですけどね。

芯悟
あー、でもあれがわからないと聴くのつまらないのかな?どうなの?

Fune
いや!そんなことはないと思うよ、正直。
ドリームシアターはメロディが凄くキャッチーな曲も多いし。
ただ、楽器やってる人の方が聴いてて楽しいとは思うけどね。
特にプログレメタルになってくると。

ゲスト画像

芯悟
僕、たまにギタークリニックとかもやってるんですけど、そこで一回ドリームシアターの曲をやって、来てくれた皆さんに

「皆さん、曲が始まったらずっと4拍子で手を叩いてて下さい」

って言ってww

二人
(爆笑)

Fune
ズレてくんだよねぇ~、知らないうちにリズムが 笑

芯悟
クリムゾンは同じプログレでもそういうのが少ないですよね。
あからさまじゃないから逆に聴きやすいかもしんない!

Fune
そうですね。
80年代以降のクリムゾンはこれを逆手に取ってたりするんだけど(笑)    
初期作はメロディがどちらかというと主体で…なんていうのかな?
割と日本人が好むような、憂いのある湿ったメロディと言うかね。
演歌とかに通じるものはあるかもしんない。
日本人が好きそうなメロディってのが多いんです。
この「クリムゾンキングの宮殿」ってアルバムの3曲目に入ってる「Epitaph」って曲とかはわかりやすいかな。

芯悟
入りやすいってことかな。

Fune
うん、そうだね。
今回紹介してるこの「21st Century Schizoid Man」って曲だけ
このアルバムの中では、やたらと尖がっててロック色が強いんですけど、
それ以降の曲とかは凄くメロディが綺麗な曲が多いんで、
よかったらホント、まだ聴いたことのない人は是非アルバムで聴いて欲しいな~という感じですね。

アルバムにちょっとした都市伝説とかもありますしwww

 Yuki
都市伝説!?

▼都市伝説とは!?続きはコチラ▼
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第一回【3/3】

 

この記事を書いたライター

Fune孤高の音楽ライター
元ミュージシャン、現カメラを趣味とする音楽ライター。
音楽の可能性を日々追求中。

 - おとのいろいろ, くりえいたー系

Sponsored link

Sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

聴くのではない読むラジオ【読むラジ】第10回 1/2

Pocket   Fune: はい!皆さんこんにちは! 聴くのではない …

アンプ画像
お気に入りのアーティストのルーツを探してみよう【その1】

Pocket 皆さん、こんにちは☆ 音楽ライターのFuneこと川舩敬典です。 先 …

concept_images
まるで小説か御伽噺かコンセプトアルバムを聴いてみよう

Pocket 皆さん、こんにちは。音楽ライターのFuneです。 日に日に気温も下 …

スタンプ画像
LINEクリエーターズスタンプ審査状況の報告【その①】

Pocket 土日で LINEスタンプを40個描き、腱鞘炎になったmaruco. …

スタンプ画像
【管理画面変わった!?】LINEスタンプ審査状況報告【その③】

Pocket GWが終わって、2つほど新しいスタンプをリクエストしたmaruco …

【大人っていいな・・・】18歳未満でも使用可!!

Pocket こんにちは。こんばんは。maruco.です。 今回は、LINEスタ …

トップ画像
お気に入りのアーティストのルーツを探してみよう【その2】

Pocket  皆さん、こんにちは☆ 音楽ライターのFuneこと川舩敬典です。 …

ターンテーブル
「聴く」のではない?「読む」ラジオ「読むラジ」爆誕!

Pocket   皆さん、はじめまして☆この度webマガジン、moco …

読むラジトップ
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第5回【3/4】

Pocket▼「読むラジ」【2/4】はこちら▼聴くのではない読むラジオ「読むラジ …

工作室サムネ
【工作好き必見‼︎】パタパタ飛行機を作ってみた!!(後編)2/2

Pocket ■前編はコチラ■【工作好き必見‼︎】パタパタ飛行機を作ってみた!! …