mocomoco(もこもこ)┃楽しければ良いがコンセプトの情報Webマガジン

楽しければ良いがコンセプトの情報Webマガジン

聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第4回【2/4】

      2015/06/26

Pocket
LINEで送る

▼読むラジ【1/4】はコチラ▼
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第4回【1/4】

「ブラジルの声」と呼ばれた男

芯悟
ハイ!
Milton Nascimento(ミルトン・ナシメント)
B-Popの代表的アーティスト。

Fune:
芯悟アカンwwww
皆、間違って覚えるwwwww

一同:
(爆笑)

芯悟
なんかアーティスト紹介の時、
毎回怒られてる気がするんですがwwww
では皆さん、MPBで覚えて下さい 笑

1942年10月26日生。ブラジル、リオデジャネイロ出身。
「ブラジルの声」の異名を持ち、1991年にはビルボード誌の
ワールドミュージックチャートで1位!
98年にはグラミー賞のワールドミュージック部門を獲得!
そうそう!これですよ!!僕が冒頭で言ってたの。
独特の味わい深い歌声と浮遊感のある雰囲気が特徴であり、
高度で複雑な音楽理論を有しながらも、
それを感じさせない暖かさを感じさせるシンガーである!!

Fune:
はい、ありがとうございます~♪
これは本当に凄いミュージシャンですね~!
菜美さんは元々はクラシックを
専攻されてきたわけじゃないですか。
どういった形でミルトンとの音楽の出会いがあったんですか?

菜美
そうですね~。
ボサノヴァって日本人は大好きなんですよね。
勿論、私も今でも大好きだし。
ボサノヴァってものをやる機会が多かったので、
そこからブラジルの音楽ってものを知っていって、
そのうちに、なんかどうやらボサノヴァのリズムじゃないものがある!
でもブラジルのもの、みたいな?
それで聴いてみたらオシャレだし、素敵だし、
そんな風に出会った感じですね。

芯悟
なるほどぉ~!必然的に知った、って感じですね。

Fune:
やっぱりこのミルトン・ナシメントってアーティストは
菜美さんの中で音楽的にも高い位置にいるんですか?

菜美
そうですね。ミルトンもそうなんですけど、
このMPBってジャンル自体が私にとって
Funeさんでいうプログレに値するというか 爆

芯悟Fune
(大爆笑)

菜美
私の中ではMPBがきてるんですよwwww
ミルトンに限らず、このジャンルが好きなんで。
やっぱりついつい背景を調べちゃいますよね。
MPBを調べていく中で、ブラジルの中に
音楽が盛んな地域があるらしいって知って…
有名なのだとリオデジャネイロのサンバとか、ね。
そこも有名な地域なんですけど、
ブラジルにバイーアとミナスって場所があるの。
そこが有名な音楽家が沢山出てる地域なので、
バイーア派、ミナス派なんて言われることもあるんですけど、
ミルトンはミナス派に属する音楽家なんですね。
で、ミナスの中でも田舎で貧しい所ところの出身のようです。

芯悟:
資料によるとミルトン自身も幼少の頃から母子家庭で、
非常に苦労されてるんですよね?

菜美
そうなんですよ。
だからそんな苦労を重ねている人の作る音楽って、
明るいのに歌詞とかよく読んでいくと
「こんな暗いこと書いてて…でも希望もある!」みたいな。

芯悟
この歌に関しては悲しいですよね。

菜美
この歌はね~!そうなの~!
ポルトガル語って色んな見解が出来るみたいで、
一概に「こう!」とは言い切れないんだけど、
これは悲しい歌なんですよ。

芯悟
僕はサックス奏者のウェイン・ショーター
ミルトンが一緒にやっているので知ったんですけど、
セッション曲で有名な曲とかも
この人達やってるわけですが、
菜美さんはその辺りは聴きますか?

菜美
聴きました聴きました。
このTravessiaも色々な人がカヴァーされてますよね。
私の場合、全然別のミュージシャンがやってるのを聴いて、
この曲が素敵だなってことでミルトンを知った感じです。
日本人もミルトンの曲はいっぱいカヴァーしてるし~♪

なみさん

Fune:
ですよね!資料作ってる時調べててビックリしましたもん 笑
「島唄」で有名なTHE BOOMとか、
ファッションモデルのMEGさんとか。
中でも一番意外だったのがビョークですよ!

菜美
ね~!これね~☆

Fune:
ビョークは今回のTravessiaをカヴァーしてますもんね。
お恥ずかしながら資料作る時に初めて知ったんですけど、
あのビョークですよ!?オリンピックで歌っちゃうような人が!笑

芯悟
あ、でもビョークとか似合いそうじゃないですか?

菜美
ね☆これビョークのカヴァー、凄く評価高かったみたい。
色んな人がカヴァーしてるから、その中には
「全然心わかってないよ」なんて言われることも
あるみたいだけど、ビョークのは凄くいいって
評判になってた気はしますね。

Fune:
ビョークのバージョンも聴いてみたんですけど、
圧倒されましたね。本当に。
勿論、僕がビョークのファンだからってこともあるんでしょうが、
それ抜きにしても彼女のTravessiaは素晴らしかった!
ああいうちょっと変わった音楽が好きなんですよwww

芯悟
プログレですか!?

一同:
(大爆笑)

Fune:
今絶対言うと思ったけどwwwww

菜美
もう合言葉みたいだね 笑

Fune:
あー!プログレ好きですよ!笑
悪いですか!?爆
でもビョークはプログレじゃないだろ~wwww

芯悟
(爆笑)

Fune:
(苦笑)
話戻しますけど(笑)ビョークってカヴァーとか
あんまりやらないじゃないですか。
そのビョークがカヴァーするってくらいなんで、
逆に凄い気になっちゃって、ミルトン・ナシメントって人が。
で、菜美さんに原曲のTravessia
聴かせてもらって、今日は聴き込んで来たんですけど、
原曲もいいですね~!

菜美
全然違う雰囲気でね、ビョークのほうは
ストレートな歌いまわしで、ちょっと神秘的な感じに
なってますよね。

Fune:
うんうん、原曲のほうは暖かみというか…、
男性特有の抱擁感といい意味での泥臭さというか、
そんなものを僕は感じました。

菜美
うんうん!出てるかも~。
なんて言ったって「ブラジルの声」ですから!

芯悟
異名持っちゃってますからね~ww
これでギター弾きながら歌えるってのがまた凄いですよ。

菜美
所謂シンガーソングライターなんですよね。向こうの。
日本のものとはだいぶイメージが違うけれど。
でもね、この曲、元々ヒットしていたわけではなくて、
エリス・レジーナっていうね、ブラジルの有名人がいるんですけど、
彼女が歌うとどんな曲でもヒットするというジンクスがあってwwww

芯悟
まさかwwwww

菜美
そうなのwwww
それがきっかけで知れ渡ったんですって。

Fune:
ミルトン自身が性格的にちょっと内気な部分があったそうですね。
なかなかヒットに繋がらなかったのは
そういう部分もあったのかもしれないですね。
でも友達とか人脈に恵まれてたみたいで、
友達が勝手にオーディションに音源送っちゃったりとかwww

芯悟
ジャニーズみたいですねwwwww

一同:
(爆笑)

Fune:
「お友達の推薦で」みたいなwwww
でも、そういったエピソードとかを聞いて、
ああ、繊細な感性の方なんだなぁって思いましたね。

 

▼続きはコチラ▼
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第4回【3/4】

この記事を書いたライター

Fune孤高の音楽ライター
元ミュージシャン、現カメラを趣味とする音楽ライター。
音楽の可能性を日々追求中。

 - おとのいろいろ, くりえいたー系

Sponsored link

Sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

読むラジトップ
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第5回【2/4】

Pocket▼読むラジ【1/4】はこちら▼聴くのではない読むラジオ「読むラジ」 …

読むラジトップ
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第3回【1/4】

Pocket 皆さん、こんにちは。音楽ライターのFuneです。世間ではあっという …

聴くのではない読むラジオ【読むラジ】第10回 1/2

Pocket   Fune: はい!皆さんこんにちは! 聴くのではない …

読むラジトップ
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第2回【1/3】

Pocket 皆さん、こんにちは♪音楽ライターのFuneです。 さぁ、いよいよ「 …

サムネイル
気分はパイロット!?ミニドローンで空の旅へ出かけよう!

Pocket お元気ですか?皆様。 空を自由に飛びたい願望があるmaruco.で …

読むラジトップ
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第4回【1/4】

Pocket 皆さん、こんにちは。音楽ライターのFuneです。 日に日に暑くなっ …

読むラジトップ
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第3回【4/4】

Pocket▼「読むラジ」【4/4】はコチラ▼聴くのではない読むラジオ「読むラジ …

読むラジトップ
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第一回【1/3】

Pocket 皆さん、こんにちは!音楽ライターのFuneです。 本日よりついに! …

concept_images
まるで小説か御伽噺かコンセプトアルバムを聴いてみよう

Pocket 皆さん、こんにちは。音楽ライターのFuneです。 日に日に気温も下 …

読むラジトップ
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第3回【2/4】

Pocket▼「読むラジ」【1/4】はコチラ▼聴くのではない読むラジオ「読むラジ …