mocomoco(もこもこ)┃楽しければ良いがコンセプトの情報Webマガジン

楽しければ良いがコンセプトの情報Webマガジン

聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第4回【3/4】

      2015/06/24

Pocket
LINEで送る

▼読むラジ【2/4】はコチラ▼
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第4回【2/4】

意外なプログレとの共通点?

芯悟
Funeさん、ワタシは見逃していませんが(笑)
94年発表のアルバムがあるみたいですね?

Fune:
(爆笑)

芯悟
参加ゲストが豪華ですね~!
先ほど僕が言ったサックスのウェイン・ショーター
僕も大好きなハービー・ハンコック
ロン・カーター、素晴らしいですね。
そしてギターのパット・メセニー!!

Fune:
はい!きましたよパット・メセニー!
もう毎回話に出てきて申し訳ないんですけど、
アニメ版「ジョジョの奇妙な冒険」の
エンディングテーマに彼の曲は使われてますんで、
若い人も聴いた事あるんじゃないですかね?

芯悟
ジブリのカヴァーとかもやってますからね。
メセニーは。
で、問題は資料の次の段ですよFuneさんwwww

菜美Fune:
(爆笑)

芯悟
これ、なんかジョン・アンダーソン、ピーター・ガブリエルって
名前があるんですがwwww
資料におもいっきり
「プ・ロ・グ・レ・界・か・ら」って書かれてますけど、
明らかにこれ意図的ですよね?爆

菜美Fune:
(大爆笑)

芯悟
わざわざ「プログレ界から」って書かなくても
いいじゃないですかwwwwww
ハービー・ハンコックを「ジャズ界から」とかでも、ね 笑

菜美
そーだそーだ!笑

Fune:
(苦笑)
いや…あの~…笑
僕、ちょっとこのアルバムはまだ聴いてないんですけど、
調べてみたらですね、あの~…どうもプログレ5大バンドと
呼ばれるイエスのボーカリスト、ジョン・アンダーソンとか、
ジェネシスのピーター・ガブリエルっていう、
なかなか個性的なお二人も参加されてるアルバムがある、と 笑
ごめんなさい!!
正直趣味に走って資料作りましたwwww

菜美芯悟
(爆笑)

芯悟
嫌でもプログレ絡めていきたいんですか?爆

しんごさん

菜美
あ!でも絡んできちゃうのかもしれないですね。
この辺りの人達だと。

芯悟
それとも計画的に菜美さんにプログレの話を
するように持ってきているのかwwwww

Fune:
そんなことはないよwwww
せっかくの菜美さんのフォローが台無しやないかwwww

一同:
(大爆笑)

Fune:
なんか芯悟くんがアシスタントに来てからというもの、
やたら僕のプログレ好きというところを
突っつかれてるきがするんですけど(笑)
初回にも言いましたけど、プログレといったら
壮大なイメージとか、あと変拍子ですかね。

芯悟
プログレ=変拍子ですか?

Fune:
いや、そんなことはないよ。
ポップスでも変拍子使ってる音楽とかいっぱいありますし。
もともとはアレ、クラシックとかの技法ですから。
で、この変拍子に関して、実はミルトンさん
「変拍子の天才」と呼ばれてるらしいですね?
このTravessiaは変拍子ではないみたいですが。

菜美
通常、楽譜って偶数小節で割れるように作るんですけど、
原曲通りにやろうとすると、本当は8小節Bメロがある所を
7小節だったりとかするので、
そういうところはわざと変えてるのかな?とか思いますね。

芯悟
それに気づかないほど自然っていうのが凄い!
天才と呼ばれるのもわかるもん。

菜美
だからそこの部分をコピーしないで演奏する、
なんて人もいるんですよ。
8小節にしちゃっても大丈夫なの。
それでも自然だし、みたいな。

芯悟Fune:
へぇ~!!

Fune:
変拍子っていうと結構あからさまなのが多いじゃないですか。
こう、聴いていて「うお!?つんのめった!」みたいなwww
そういう変拍子の使い方するバンドって凄く多いんですけど、
僕は本当にリズムとして、必要な要素として変拍子を
活用している曲に凄くセンスを感じるんですよね。
今回ミルトンの曲を何曲か聴いてきたんですけど、
聴いてて変拍子使ってるってのはわかるんですよ。
ただね、これ、どっから変拍子になってて、
何拍子なんだろうってパッと聴いて
すぐわかる感じじゃなかったですね。
それぐらい自然でしたね~!

ふねさん

芯悟
見習いたい…(ボソッ)

Fune:
(爆笑)
思わず巻き戻して拍数数えちゃったもんwww

芯悟
やっぱり日本人って「変拍子」って聴くととっつきづらいですけど、
そういった所を考えなくても聴けるってのはいいですよね。

Fune:
いいよねぇ~!ちょっと難しい理論でも
知らなくても楽しめるっていうのは!
どんな感じのアーティストに影響を受けてきたのか
気になりますね。

菜美
どうなんだろ~?
ミルトンが出てきたことでMPBが出来たので、
影響を与えた側ってイメージが強いかも。
あ、でもジョアン・ジルベルト「想いあふれて」って
曲に感銘を受けたみたいですね。
この曲、ボサノヴァ第1号って呼ばれてる曲なの

芯悟Fune:
へぇ~!!!

Fune:
じゃあ、この「想いあふえて」が音楽史史上、
初のボサノヴァってことなんですか?

菜美
そう!それまでボサノヴァって言われてなかったものに
名前が付けられたって意味では。
だからMPBの代表格ってことと、ボサノヴァを
産み出しちゃった人ってことで、影響を受けてるのは
わかる気がしますね。

芯悟
凄すぎるな~!それは!
だってふたつともジャンルの創始者なわけでしょ?
両親とか身近な人が聴いてたんでしょうね、きっと。
ちょっとブルースの話になっちゃって申し訳ないんですけど、
どうしても貧困とか時代背景とかが絡んできちゃうんでね。
ブルースとかも黒人さんとかが、物を叩いて産まれた音楽って
呼ばれるくらいですから、歌詞とかに凄く
そういった部分が出るんですよね。
だからね、菜美さんもそうだと思うんですけど、
さっきTravessiaの歌詞について
答えづらかったんですよ。

菜美
そうそうそう!
なんかどうしても「歌詞を読んでそのまま」みたいな
感じじゃないのでね~。
ちょっと安易に言えない感じなんですけど。
まぁでもTravessiaは「道」って意味なので、
それだけは言えます 笑
でもね、アメリカに進出した時に歌詞が変わっちゃう、
なんてこともあって(笑)
そうすると「bridge」ってついて「橋」ってなっちゃうのwww
全く違う意味になっちゃったwwwww

一同:
(爆笑)

Fune:
よくあるよくあるwwww
でも僕は今回歌詞の意味とかまでは
調べてなかったので、興味深いお話です。
純粋に音楽として聴いていても
とても美しい曲だなと思ったんで、
これは知れてよかったですよ。

菜美
ホント~!?ありがとうございます☆

芯悟
他にミルトンの曲でオススメとかはあるんですか?

菜美
Travessiaが入ってるアルバムに
Cataventoって曲があるんですけど、
この曲はフルートがインストで入ってるの。
ミルトンがギターだけ弾いて、って感じで。
でも完全にインストってわけでもなくて、
ジャズでいうスキャットみたいな感じで、
フルートと一緒に歌ってる曲がオススメですね☆
「風車」って意味なの。
実は私、Travessiaより先にこっちを知ったのねwwww

芯悟Fune:
あるあるあるあるwwww

Fune:
ボーカルスタイルに固執しないってのはいいですよね。
いろんな表現方法があるから。

芯悟
またアメリカいったらタイトル変わっちゃうんでしょうねwww

菜美
大丈夫!これは歌詞ないから!笑

一同:
(大爆笑)

芯悟
僕いいなぁって思ったのが、ギターを自分が伴奏として
弾いてるってとこですよね。
主旋律がフルートで。
ギターで弾かないってとこが面白いな。

Fune:
芯悟はギタリストだからわかると思うけど、
こう、グワ~ッと前に出たいみたいなとこあるじゃないですか
ギタリストってwwwww

芯悟
モテるためには前に出ますよ!(キラン☆)

一同:
(大爆笑)

Fune:
でもそれをあえてやらない、バッキングに徹するみたいな
ギタリストはいいと思いますけどねwwww
渋いっ!笑

芯悟
本当にモテる人はそういう人なんです、きっと 爆

▼続きはコチラ▼
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第4回【4/4】

この記事を書いたライター

Fune孤高の音楽ライター
元ミュージシャン、現カメラを趣味とする音楽ライター。
音楽の可能性を日々追求中。

 - おとのいろいろ, くりえいたー系

Sponsored link

Sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

カップル写真
今だからこそ若者に聴いてほしい、一昔前の邦楽10選【その2】

Pocket 皆さんこんにちは。音楽ライターのFuneです。 前回の「その1」で …

聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第7回【1/2】

Pocket :Fune: ハイ!皆さんこんにちは♪ 聴くのではない読むラジオ「 …

読むラジトップ
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第3回【3/4】

Pocket▼「読むラジ」【3/4】はコチラ▼聴くのではない読むラジオ「読むラジ …

読むラジトップ
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第4回【2/4】

Pocket▼読むラジ【1/4】はコチラ▼聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第 …

工作室サムネ
【工作好き必見‼︎】パタパタ飛行機を作ってみた!!(後編)2/2

Pocket ■前編はコチラ■【工作好き必見‼︎】パタパタ飛行機を作ってみた!! …

読むラジトップ
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第5回【3/4】

Pocket▼「読むラジ」【2/4】はこちら▼聴くのではない読むラジオ「読むラジ …

トップ画像
お気に入りのアーティストのルーツを探してみよう【その2】

Pocket  皆さん、こんにちは☆ 音楽ライターのFuneこと川舩敬典です。 …

読むラジトップ
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第2回【2/3】

Pocket▼「読むラジ」1/3はコチラ▼聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第 …

読むラジトップ
聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第4回【4/4】

Pocket▼読むラジ【3/4】はコチラ▼聴くのではない読むラジオ「読むラジ」第 …

夕焼けイメージ
往く夏、来る秋…夏の気配を残した音楽達

Pocket  皆さんこんにちは。音楽ライターのFuneです。 今年は冷夏かと思 …